TOP > 生と死
 ← 動物園へ | TOP | ボーネルンド

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 生と死 

2006年07月18日 ()

KissDN Tamron SP AF Di 90mm 1:28 MACRO

今日はちょっと重たい話です。

7月16日に会社の同僚のお子さんが無事誕生しました。体重は3000gを超えていてとても健康な女の子です。 ママはそのお母さんとお友達なので、早速今日面会に行ってきました。3000gといっても今のソータと比べるととてもちいちゃく可愛い赤ちゃんだったそうです。

生まれたての赤ちゃんを見ると、自分の子供が生まれたときを思い出します。あのときの感動となにもわからなくてウロウロしていた自分。今は懐かしい思い出になっています。その赤ちゃんのお父さんお母さんはこれから楽しくても大変な時期をすごしていくんだなあと思うと、自然に顔がほころんでしまいます。

でも新しく生まれた命のほかに去っていく命もあります。パパの友達のお子さんが昨日永眠されました。まだ生後1ヶ月でした。今日はお通夜でしたので、パパは仕事を早退して参列してきました。

ご両親はパパが想像できないくらいショックを受けているはずなのに、到着早々ねぎらいの言葉をかけてくれます。お子さんは小さな棺に小さな体を横たえ、静かなお顔でまるで眠っているようでした。ご両親の心の傷や、もし自分だったらと想像すると涙がしらずしらずのうちに溢れてしまいます。

なにか少しでも元気付けられたらなあと思って行ったのですが、とてもそんなことはできません。月並みな言葉で埋め尽くすのが精一杯でした。

ママは新しい命とパパは眠りについた命に1日のうち同時に命に触れ合いました。 なにかの偶然にしても命についていろいろ考えてしまった1日です。

パパはテレビに出ている江原さんを信じているわけではないけれど、江原さんが言っている「子供は神様から授かるものではなくて、子供が両親を選んで生まれてくる」という言葉は信じています。

利紗ちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。
スポンサーサイト
[2006.07.18(Tue) 23:59] 日常Trackback(0) | Comments(3)
↑TOPへ


COMMENT

by ぶちゃま
ほんと、命に向き合う一日だったね。。。
子供を失うかもしれない恐怖を、母親になってはじめてしりました。私の母も12歳の息子(私のおにいちゃん)を亡くしたの。でも、実際に失わないとその悲しみの深さは計りしれないなと思う。
「子供が親を選んできてくれるのは、ホントだと思う!」
ベッドから何度落ちても平気だったわが子も、元気一杯パワフルママのもとに生まれた喘息アトピーっ子3人も、みんな親を選んでるんだろうなって思う。これも親になってはじめて感じたこと。子供を産んで、感じる心がいろいろ増えたなあって考える今日この頃です。

by コロスケ
私も子供を亡くしたときに、「人は生まれてくる前に、神様から、今その親のもとに生まれると○歳までしか生きることができないがそれでもよいか聞かれ、それでもうまれたいと赤ちゃんが願うと、新しい命になる」という言葉を知りました。たとえ短い命でも自分を選んで産まれてきてくれたんだ、と号泣したのを覚えています。今は生きていることってホントにありがたいことなんだな~って思います。ハルもソーちゃんもみんな元気に大きくなあれ。

by そーたパパ
ぶちゃまさん、こんにちは

子供を失うかもしれないという恐怖(まさに恐怖ですね)というのは、やはり親になってから感じましたね~。この恐怖はなんなんでしょうか。
たしかに子供ができてからいろいろ感じることが増えたと思います。 子供に与えてもらってるんでしょうね。

コロスケさん、こんにちは

コロスケさんはお子様を亡くされているのですね。思い出させてしまったようですみません。書いていただいた言葉はとても心に響くものがあります。ママはコメントを読んで泣いていました。普段は忘れていますが、生きていることはやっぱり素晴らしいことなんですね。感謝しなくては。


コメントを閉じる▲

 ← 動物園へ | TOP | ボーネルンド

COMMENT

ほんと、命に向き合う一日だったね。。。
子供を失うかもしれない恐怖を、母親になってはじめてしりました。私の母も12歳の息子(私のおにいちゃん)を亡くしたの。でも、実際に失わないとその悲しみの深さは計りしれないなと思う。
「子供が親を選んできてくれるのは、ホントだと思う!」
ベッドから何度落ちても平気だったわが子も、元気一杯パワフルママのもとに生まれた喘息アトピーっ子3人も、みんな親を選んでるんだろうなって思う。これも親になってはじめて感じたこと。子供を産んで、感じる心がいろいろ増えたなあって考える今日この頃です。
[ 2006.07.19(Wed) 10:02] URL | ぶちゃま #- | EDIT |

私も子供を亡くしたときに、「人は生まれてくる前に、神様から、今その親のもとに生まれると○歳までしか生きることができないがそれでもよいか聞かれ、それでもうまれたいと赤ちゃんが願うと、新しい命になる」という言葉を知りました。たとえ短い命でも自分を選んで産まれてきてくれたんだ、と号泣したのを覚えています。今は生きていることってホントにありがたいことなんだな~って思います。ハルもソーちゃんもみんな元気に大きくなあれ。
[ 2006.07.19(Wed) 21:26] URL | コロスケ #- | EDIT |

ぶちゃまさん、こんにちは

子供を失うかもしれないという恐怖(まさに恐怖ですね)というのは、やはり親になってから感じましたね~。この恐怖はなんなんでしょうか。
たしかに子供ができてからいろいろ感じることが増えたと思います。 子供に与えてもらってるんでしょうね。

コロスケさん、こんにちは

コロスケさんはお子様を亡くされているのですね。思い出させてしまったようですみません。書いていただいた言葉はとても心に響くものがあります。ママはコメントを読んで泣いていました。普段は忘れていますが、生きていることはやっぱり素晴らしいことなんですね。感謝しなくては。

[ 2006.07.20(Thu) 01:31] URL | そーたパパ #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://sorter.blog40.fc2.com/tb.php/109-4a62f9c0
 ← 動物園へ | TOP | ボーネルンド

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

成長記録  

CALENDAR  

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

RANKING LIST


BlogPeople

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。